超音波治療器

「ULTRASOUND」、「LIPUS」という二つの超音波技術で患部に直接アプローチしていきます。
様々なプロアスリート、スポーツチームでも幅広く使用されています。
急性期から使用できるのも大きな特徴です。

低出力パルス超音波 / LIPUS

軟部組織の治療に適した低出力超音波
LIPUSモードでは低出力の超音波を断続的に発振します。発熱が少ないため患部に固定して使用できます。
筋・腱・靭帯等、損傷を受けた軟部組織を固定的に治療します。

超音波/ULTRASOUND

深部の患部も立体的に直接暖める立体加温
ホットパックや遠赤外線等、体表面を暖める伝導加温とは違い、超音波が到達している範囲を立体的に暖めます。
立体加温では体表面でエネルギーが消費されないのでからだの深部まで暖めることができます。

微弱電流

電気治療というと、ビリビリとした刺激があるものというイメージがあると思います。

腫れ上がり熱をもった怪我には当てられず、電気の刺激が苦手な方には抵抗もあると思います。

当院では特殊な電気を使い、無痛・無感で自然治癒力を高める微弱電流療法を行っています。

体内には生体電流が流れていて怪我や傷害が起こると微弱な電流が集まり細胞を修復させるためにタンパク質などの栄養素を集める働きをしています。
この仕組みを応用して微弱電流を集中的に流す事で自然治癒力を高めることができるようになりました。
怪我の治りを早める効果があるため、多くのプロスポーツ選手も愛用しています。

エスパージ

エスパージとは3つの異なる電気刺激を使い分けることで様々な治療を行う治療機です。

1.TENSモード

経皮的電気刺激モード
痛みを鎮静させる効果を持つ電気になります。

患部に熱感のある急性期から慢性的な痛みまで幅広く対応します。
2.EMSモード

筋肉を刺激し運動を促すモード
筋肉の固さや筋力低下といった筋肉のトラブルから起こる疾患に効果的です。肩関節周囲炎や変形性膝関節症、骨折後の拘縮など固まってしまった部位にも使用します。またEMSを使用しながら運動することで筋力の向上が見込めます。電気刺激により筋収縮を起こすことで鍛えたい部位を意識しながら運動をすることが可能です。ただやみくもに回数だけこなすよりも少ない回数でしっかり効かせるので効率的です。当院で使用するEMSは医療機器です。家庭用や健康機器とは違い高出力かつ安全です。

関節の可動域を広げることを目的として使用します。
3.MCRモード

微弱電流モード
細胞が元々持つ電気的性質を正常化・活性化させることで

自然治癒力を高める電気です。

損傷部位に直接電気を流すことで患部の治癒を促進させます。

MCRは無痛・無感なのでほとんど刺激を感じません

そのため電気が苦手な方にも負担無く受けていただきます。

powered by crayon(クレヨン)